読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やわらかしかっけい

なんでもすぐに忘れてしまう自分のために

開業届と青色申告承認申請書を出してみた

この時期、フリーランス界隈は
日常会話にもTwitterにも「確定申告」の文字が踊り、
てんやわんやである。

 

かくいう私は稼ぎが少なく、親からの仕送りに頼っていることもあり
申告してもしなくても変わらないかな…と考えていたのだが
「そんなことはない!ちゃんと還ってくるから、やったほうがいいよ!」
と友人に説得され、考えを改めた。

 

とはいえ、個人事業主の確定申告(特に控除がある青色)は
やろうと思ってすぐに出来るわけではない。

青色確定申告できるのは、書類を出した次(or次の次)の年

・開業届
青色申告承認申請書

以上の2つを、確定申告したい年の前年の3月15日までに提出する必要がある。

 

平成28年の分の確定申告を、平成29年の2〜3月に確定申告したい、と考えた場合

平成28年3月15日までに提出しておかないとダメなわけだ。

明日(3月16日)以降に提出したとすると、青色確定申告できるようになるのは
遠い未来・平成30年の春である。※

※追記※
上記(3月15日までの件)は
おそらく白色だった事業者が青色に切り替える際などのことで、

新規開業の場合
別にいつ「青色申告〜書」を提出しても
(開業から2ヶ月以内であれば) OKらしい。
普通に、提出した翌年春から確定申告できるとのこと。
なぁんだ…

 

書類は2部用意しておく

「開業届」と「青色なんとか」、
記入したものを税務署に持参した。

職員の方に尋ねたところ、
確定申告の書類提出と同じ列に並べばよいとのこと。

いざ列に並び、ほどなくして順番が回ってきたので
書類を提出したところ、

「こちら、2部ご持参して頂ければお控えをお返しできるのですが
 1部ずつですと受け取りのみとなりますが、よろしいですか?」

 

!!  控え………

言われてみると、絶対に必要な気もするが
具体的に困る場面がとっさに思い浮かばず、
しかも既に受領印を押してもらった後だったので、

「だ、大丈夫です」と言って

提出のみ済ませ、手ぶらで税務署をあとにした。

(だってむちゃくちゃ忙しそうだったし…
 余計な手間とらせるのも悪いと思ってしまった小心者。)

 

「控え」が無くて、のちのち困ることになるのだろうか。
心配である。

 

これから開業届を出す人は、念のため2部記入して持参するといいと思う。

 

用紙のダウンロードはこちらから可能。

国税庁 個人事業の開廃業等届出手続 申請用紙(pdf)

国税庁 所得税の青色申告承認申請手続 申請用紙(pdf) 

書き方はこちらを参考に。

www.sumoviva.jp

www.sumoviva.jp